製品紹介
製品紹介 > FRAME

FRAME

障子の奥ゆかしさを取り入れた、やわらかな光

日本のあかり文化において、重要な役割を果たしてきた和紙の魅力が活きるランプシェードです。障子を通して入り込むやわらかな光、建具の桟とのコンビネーションで生まれる引き締まる陰影。この和紙特有の素材感が与える和の感性をドイツの著名プロダクトデザイナーであるウルフ・ワグナー氏が鋼線フレームを使用し、全く新しいスタイルで表現。和紙と鋼線により生まれたシャープな陰影は、障子の魅力を継承し、新しいスタイルで日本の伝統美を表現しています。

□全国の産地から選りすぐりの和紙をセレクト

シェード部分に使用している和紙は柄ごとに産地が異なります。白無地は土佐和紙(高知県)、雲龍和紙は阿波和紙(徳島県)、糸入り紙は市川和紙(山梨県)。各産地で千年以上も続く伝統の技術から生まれる薄くて強い和紙。和紙を通って広がるあたたかな光には、その下で集う人たちを柔らかく包む優しさがあります。

製品品番:RKY03A 無地柄
製品品番:RKY03B 雲龍柄
製品品番:RKY03C 横糸柄

□自分で組み立て、解体できるシンプル構造

直径3mmという細い鋼線により作られたフレーム同士を小さなクリップで繋ぎ留めることによりできるシンプル構造です。組み立ても解体も簡単にできるので、シーンに合わせた使い方が気軽にできるのも魅力の一つ。

□洋風な空間にも馴染むデザイン

和紙の模様は空間や好みに合わせて3種類から選べます。温もり溢れる和紙と細い鋼線からなるモダンなデザインは、和室はもちろん、オーセンティックな空間とも相性抜群。まるで鉄骨により構築された建築物のような表情を醸し出します。

  • □サイズ:幅350mm×高さ255mm
  • □器具重量:シェード約400g
  • □ソケット装着部:内径φ45mm
  • □日本製
  • ランプシェードのみの商品となります。
    ソケット及び電球は市販をお選びください。
    ランプシェードはお客様自身による組み立て仕様となります。

Design by Wolf Udo Wagner

ドイツデザイナーズクラブ理事(DDC)。
ルフトハンザやVMF、fischer-moebel等、ドイツを中心に世界的企業のプロダクト、インテリアデザインを担当する。
日本企業MUJIのデザインも手がける。
DDCのGlobal local projectをコーディネートし、旭川の家具団体と独デザイナーのコラボレーション事業も展開。